手術(二重・目元)

ハムラ法・裏ハムラ法

目の下の薄い皮膚のお悩みに

目の下の脂肪の膨らみを解消し、凹み部分(クマ)が持ち上げられなめらかな状態をつくります。余分な皮膚も同時に切除することが出来るので膨らみの大きい方にオススメの治療です。

こんな方におすすめ

  • 下まぶたのたるみ・しわが気になる方
  • 眼の下の膨らみが大きい方
  • 老けて見える方
  • 脂肪の膨らみにより皮膚がたるんでいる方

鹿児島院 福岡院

当院のハムラ法・裏ハムラ法の特徴

POINT1

経験豊富な医師が対応

経験豊富な医師が施術を行いますので、安心してお任せください。

POINT2

入念なシミュレーションでデザインを決定

施術前にしっかりと診察を行い、患者様の納得がいくまでデザインのシミュレーションを行います。

POINT3

傷痕が目立たない

術後の傷痕にも最新の注意を払い、傷痕が残らないように施術を行います。

ハムラ法・裏ハムラ法とは?

うすい下まぶたの皮膚は、年齢を重ねるとともに「しわ」や「たるみ」が出来るだけではなく膨らみ(眼窩脂肪)が出来ることがあります。
脂肪を取るだけではなく、前方に突出した脂肪を窪んでいる下方向に移動させる事により、脂肪の膨らみを解消し、凹み部分(クマ)が持ち上げられなめらかな状態をつくります。余分な皮膚も同時に切除することが出来るので膨らみの大きい方にオススメの治療です。

ハムラ法・裏ハムラ法の治療の違い

ハムラ法

下まぶたのまつ毛の下の目立たないところを切開し、脂肪を移動させ余分な皮膚も切除します。

裏ハムラ法

下まぶたの裏側(結膜側)を切開し、膨らんでいる部分の脂肪をくぼんだ部分に移動させます。
ふくらみや皮膚の余りが少ない方にお勧めです。

当院の下眼瞼の治療について

  • 現在、下眼瞼のクマやへこみに対しては以下の治療を行っています。
  1. 脂肪除去のみ
  2. 脂肪除去脂肪、コラーゲン、ヒアルロン酸のいずれかの注入
  3. 脂肪、コラーゲン、ヒアルロン酸のいずれかの注入
  4. 裏ハムラ法
  5. ハムラ法
  • 下眼瞼の脂肪除去はたるみが軽度でtear trough(下眼瞼の内側から真ん中まで伸びる溝)が深くなく、脂肪が突出していることでいわゆる目の「影クマ」「黒クマ」に悩んでいる方に適した治療方法です。
    私の治療方針は、しっかりと脂肪を摘出することです。
  • 皮膚のたるみが強い場合は、皮膚を切る治療(ハムラ法)を行いますが、できるだけ皮膚を切らない脂肪除去注入もしくは裏ハムラ法で行えるよう努力しています。
  • 脂肪除去でここまで改善できますので、無理に皮膚を切る治療は勧めていません。

下眼瞼脂肪除去法

  • 脂肪の除去は丁寧にかなり時間をかけて行います。何度か治療中に座っていただき、過不足なく脂肪が除去されているのを確認します。
  • 注入に使用するヒアルロン酸は入れ過ぎると、いわゆる「ヒアル顔」になりますので、慎重に注入します。
  • ご自身の脂肪を使って行うマイクロファット・ナノファット注入を行なっています。特に目の下のクマや目の上の窪み、おでこにはおすすめです。
  • 注入の際は、脂肪注入専用の機器を使って治療します。

【下眼瞼のクマ、たるみ】下まぶたを切開したときの傷痕の経過

  • 2021年7月現在、脂肪注入治療のモニターさんを募集しています。詳しくは当院までお問い合わせください。
  • 目の下の「青クマ」が強い方の場合、マイクロファット、ナノファットの脂肪注入コラーゲン注入を行なっています。
  • 当院院長が、2020年に発行された美容皮膚科雑誌の「BEAUTY」でクマ治療について執筆しています。
    当院では、美容外科治療と美容皮膚科治療の両面でクマ治療を行なっています。

美容医療医学BEAUTY 第20号

症例写真

治療名裏ハムラ法 左目
費用概算264,000円(税込)
患者様属性(治療時)30代 女性
リスク・副作用皮下出血、むくみ、腫脹、感染、左右差、皮膚のたるみ

治療名ハムラ法
費用概算440,000円(税込)
患者様属性(治療時)60代 女性
リスク・副作用内出血、腫れ、ゴロゴロした違和感、左右差、凹み、皮膚のたるみ、紅斑、熱感、塞栓症、感染、むくみ、あっかんべー、傷痕

治療の流れ

施術前

  1. ①カウンセリング
  2. まずは、カウンセラーによる問診を行い、お悩み・質問など丁寧にお聞きします。

  3. ②医師による診察
  4. 次に医師による診察を行います。現在の状態や今後の治療に関してご説明いたします。

  5. ③写真撮影
  6. 治療前の状態を写真で撮影します。

施術

  1. ①マーキング
  2. 鏡で確認しながら、マーキングします。

  3. ②麻酔
  4. 局所麻酔をし、消毒します。

  5. ③施術
  6. 施術を行います。

施術後

  1. ①ご説明・処方
  2. 傷口を保護し、施術後の注意事項を説明した後、抗生剤や痛み止めを処方します。

ダウンタイム

施術時間約3~4時間(カウンセリング・診察・施術)
麻酔局所麻酔
通院頻度1回
治療後の注意事項
  • 術後、抗生剤・痛みどめの処方があります。
  • 1週間後に抜糸を行います。
  • シャワーは当日から、入浴は抜糸後から可能です。
  • 強い腫れは1~2週間程度あり、仕上がり予定は3ヶ月後が目安となります。
  • アルコール類は腫れがある間は禁止です。
禁忌
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方
  • アレルギー、特異体質の方
  • 出血性疾患患者
  • 施術部位に皮膚疾患がある方
  • 麻酔を使用し、ショックを起こしたことがある方

関連記事

目の下のくま治療を徹底解説

【下眼瞼のクマ、たるみ】脱脂?ハムラ法?裏ハムラ法?脂肪注入…

【下眼瞼のクマ、たるみ】脱脂?ハムラ法?裏ハムラ法?脂肪注入?どの治療方法が適しているか

下眼瞼のクマ、たるみの治療には複数の治療方法があります。現在当院では、以下の方法を行っています。 下眼瞼脂肪除去…

ドクターによる症例解説

【下眼瞼のクマ、たるみ】裏ハムラ法の術後の腫れの経過写真

直後でも凸凹しない。くぼみ目へのヒアルロン酸注入、症例解説

下眼瞼のクマ、たるみの治療には複数の治療方法があり、当院では様々な方法を行なっています。その中で、切開をせず…

目の「影くま」、「黒くま」に適した治療方法

【下眼瞼のクマ】裏ハムラ法モニターさん症例解説

【下眼瞼のクマ】裏ハムラ法モニターさん症例解説

表の皮膚は切りませんが、瞼の裏側から切開を行い、膨らんでいる脂肪を、その下の凹みに移動させる「裏ハムラ法」を…

こちらもおすすめ

脂肪による膨らみのタルミを除去

下眼瞼脂肪除去法

下眼瞼脂肪除去法

ハリがなくなると脂肪が前に出てたるみ、老けて見えたり疲れて見えたりします。

ノーダウンタイムのリフトアップレーザー

スマイルリフト/スマイルアイリフト

スマイルリフト/スマイルアイリフト

粘膜に照射でき、筋層へ熱を届けることができるレーザー。

施術料金(税込)

ハムラ法 両目
440,000円
裏ハムラ法 両目
440,000円
【オプションメニュー】ヒアルロン酸 1本
88,000円

※オプションメニューは術後1年以内・3か月置き治療

TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

Translate:

症例解説 外科

クリニックカレンダー

2021年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

オススメ情報

  1. Dr.聖子チャンネル始動!第一弾はゼオスキンヘルス

  2. 【Revision Skincare】ユースフルリップ入荷しました…

  3. 【新メニュー!】さよなら、たるみ「ウルトラセルQプラス」治療開始し…

  4. 【新メニュー!】ヴェルベットスキン登場♪

  5. ゼオスキンヘルス約1ヶ月後の患者様

  6. セイコリフト症例写真のご紹介

福岡院で人気の施術 BEST3

Translate »