ヘア・AGA・薄毛

AGAをそのままにしているとどうなりますか?

AGAは進行します。
髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、成長期・退行期・休止期を繰り返していきます。
通常の方は成長期が約2~6年ほどあるのに対し、AGAの方の成長期は数ヶ月~1年程と言われております。
短いサイクルで生え変わる事で、しっかりとした毛ではなく、短い軟毛が徐々に増え、見た目もボリュームが減ってしまいます。
またヘアサイクルは1つの毛穴から40~50周で打ち止めになり、その後は毛が生えてこなくなると言われております。
そのため、ヘアサイクルを早期に正常に戻してあげることがとても大切になります。

男性ホルモンが影響するのはなぜですか?

皮脂腺から出てくる5α-リダクターゼと男性ホルモン(テストステロン)が結合する事で、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)へと変化します。
この悪玉男性ホルモンが毛根を攻撃する事で脱毛(抜け毛)が起きると考えられています。

治療はどんなものがあるのですか?

当院では患者様の症状や頭皮の状態などをしっかりとカウンセリング・診察させて頂き、適切な治療をご案内しております。
当院の治療は注入治療(毛髪再生療法HARG療法)、内服治療(ヘアリバイバルフィナステリドザガーロ)、外用剤(ロゲインリポゲイン)と様々ございますので、ご予算などに合わせてご提案させて頂きます。
(治療の詳細についてはHPの治療内容をご覧ください)

効果が出るまでどれぐらいかかりますか?

髪の毛にはヘアサイクルがございますので、服用後すぐ効果を実感!というわけではございません。個人差もございますが、約3~6ヶ月頃から徐々に効果が出始め、半年~1年後には9割以上の患者様が効果をご実感頂いております。

治療をやめてしまうとどうなりますか?

治療を中断すると徐々に元のヘアサイクルへ戻っていく為、進行がはじまる可能性が高いです。いい状態を維持するためには、治療を継続することをおすすめしております。治療効果を確認しながら、ご予算に合わせて発毛から維持療法へ移行することも可能ですので、経過をみながら一緒に治療をご相談させていただきます。

副作用はありますか?

お薬ですので、副作用が出る可能性がございます。
副作用については治療によって異なりますので、カウンセリングの際にしっかりとご説明を致します。
また既往歴などにもよって禁忌の場合もございます。
他のお薬服用中の方は、お薬手帳の持参をお願いしており、場合によっては、主治医への確認を頂く場合もございます。

AGAとはなんですか?

AGAとは「男性型脱毛症」のことです。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態をいいます。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方、または双方から薄くなります。
遺伝や男性ホルモンの影響が原因とされています。

TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

Translate:

クリニックカレンダー

2020年 10月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3

Translate »