目の下のくま治療

くま治療

下まぶたの内側(あっかんべーをした際に見えるピンクの粘膜)の中を切開し、脂肪をバランスよく取り除きます。 皮膚表面に傷痕が残ることもなく、当日からメイクも可能です。 切開も小さいため縫合・抜糸もありません。

目の下の『くま』にお悩みの方は少なくありません。
目元は元々視線が集中する部位ですし、マスクをしていると更に強調されますよね。
『くま』には様々なタイプと治療法があります。

今回の症例


症例ご協力ありがとうございます。

このようなタイプは皮膚を切除してさらに脂肪をくぼみに移動するハムラ法が適応のケースです。

しかし当院ではこういったケースでも、一旦は「下眼瞼の脱脂」だけを行い、後日注入などの治療を追加するか、満足されれば特にも追加治療は行わないということも多いのが現状です。

今回は「下眼瞼の脱脂」だけをまず行いましたが、脱脂だけでご満足していただきました。

皮膚が薄い方や涙袋が元々大きい方などで、年齢の割に皮膚のたるみが少ない方が脱脂だけでご満足されることが多いです。

必ず皮膚切除もしくは、脂肪注入などが必要と言われたかたも当院では「脱脂」だけで行えることもありますので、ご参考にされてください。

治療概要

60代女性
下眼瞼の脂肪除去(脱脂)中等症
料金 275,000円

合併症、副作用、リスク(カッコ内はDr.曽山浩輔の経験)

・皮下出血
・むくみ(翌日にかけ、やや目元が浮腫みます。)
・腫脹(必ず出現します。飲酒や激しい運動はしばらく必ず控えてください。抑えるために可能であればテープを貼ります。)
・感染

当院の外科執刀は
@kosukesoyama

長年みていますが、驚くほど細やかで丁寧な手術をします。

お気軽にご相談ください。

▼当院オリジナル 下眼瞼脂肪除去の詳しくはこちらをご覧ください。

SEIKO MEDICAL ONLINE SHOP

関連記事

クリニックカレンダー

2022年 8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

完全休診日(電話受付も不可)

外科日

二診日(外科/皮膚科)

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3