ボツリヌストキシン注入症例のご紹介

症例解説(外科) しわ・たるみ

エラの部分にある咬筋という筋肉が発達していると、顔を大きく見せ「エラ張り顔」になります。 咬筋によってエラが張っている場合、ボツリヌストキシン注入が効果的にこのような「エラの筋肉太り」を解消してくれます。注射後2週間後より、顔がシャープになります。「顔が大きくて悩んでいる方」や「脂肪がついていないのに、エラ張り顔で悩んでいる方」にはエラボツリヌストキシン注入はおすすめの治療です。

ボツリヌストキシンによる症例のご紹介です。
※症例写真ご提供いただき誠にありがとうございます。

エラボツリヌストキシン注入
治療名ボツリヌストキシン注入(エラ)
費用概算198,000円(税込)
患者様属性
(治療時)
30代 女性
リスク・副作用赤み、痒み、内出血

1回注入1ヶ月後のお写真です。
ボツリヌストキシンが効いてフェイスラインがかなりスッキリしていますね☺️✨
同時にセルフロックも行なったため口角下のもたつきも改善されています。

当院のではボツリヌストキシンの効果を実感して頂くためにコースをご準備しております。
予約につきましてはお電話またはHPよりお問い合わせくださいませ。

▼ 詳しくはこちらをご覧ください。
エラボツリヌストキシン注入

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

Translate:

クリニックカレンダー

2021年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3

Translate »