治療のあとが目立ちにくいセイコリフト治療の症例紹介

症例解説(外科) スレッドリフト しわ・たるみ

こめかみの横から頬に向かって数本の糸を挿入して肌を引きあげることで、見た目にも明らかなたるみでもしっかりとシャープなラインへと改善します。 糸の引き上げ力に大きく影響するコグ(とげ)は、プレス成型技術で糸と一体化させて作っているコグで強度も高いため引き上げ力が強いのが特徴です。

本日は、ダウンタイムなしでナチュラルな小顔を目指す当院のスレッドリフト治療 セイコリフトの症例をご紹介します。
(症例写真へのご協力ありがとうございました。)

症例写真

セイコリフト

主に口元とフェイスラインを自然に整えるために左右合計6本の糸を使用してリフトアップを行ないました。写真右は治療直後の状態です。

腫れにくく、治療したことがバレにくい方法で行なっています。
口元のたるみが自然に改善したことがわかるかと思います。

当院のセイコリフトの特徴

  • 当院では、ただ引き上げるのではなく、引き上げる方向や引き上げる部位を細かくシュミレーションを行い、「自然な卵型の輪郭」ができる様に糸を入れてます。
  • 面長に見える場合は、実際に顔の縦方向の距離は変わりませんが、糸によるリフトで、脂肪の位置を変えることで改善することができます。
  • 一度に大量の糸を入れることで効果を上げる手法も存在しますが、糸は吸収されるもので、効果は長期に及ぶものではありません。当院では少ない本数を時々(半年~2年)行うことをお勧めしています。
  • 使う糸の素材や種類、治療主義によって結果は大きく変わります。詳しくはカウンセリングの際にお話ししています。

治療概要、合併症など

治療詳細

患者様属性(治療時)
40代 女性
治療名
セイコリフト 糸左右合計6本
費用概算
200,000円(税抜)
リスク・副作用
腫脹、内出血、疼痛、左右差、感染、口元の違和感、糸が触れる、ツッパリ感、引きつり感、皮膚の凹み

この治療についてさらに詳しく

セイコリフトをご覧ください。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

▼ 詳しくはこちらをご覧ください。
セイコリフト

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

Translate:

クリニックカレンダー

2021年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3

Translate »