脂漏性角化症(老人性疣贅)とは

福岡院・鹿児島院

脂漏性角化症(老人性疣贅)
▷脂漏性角化症(老人性疣贅)とは

紫外線や老化によって生じる良性の腫瘍のことです。
20歳代から出現し、加齢とともに数を増します。悪性化はしませんが、見た目やザラザラとした肌触りを気にして除去希望される方が多いです。
保険診療では液体窒素を用いた治療が主流ですが、一度では取りきれず回数がかかるのと、治療後シミのような色素沈着にお悩みになる方が多いです。

▷当院の治療法

通常の電気メスとは異なるRFナイフを使用します。電気メスとの違いは侵襲範囲が小さい、つまり正常組織を傷つけにくいことが特徴です。

▷使用する切除用モノポーラ電極
脂漏性角化症(老人性疣贅)
大きさ、形にあわせて選びます。ちなみに今回の動画で使用しているタイプは、当院ではドラえもんと呼ばれています。

細心の注意をはらい、仕上がりが綺麗になるよう心がけています。
福岡院でも治療可能です。

実際の施術動画は、こちらよりInstagramの2枚目・3枚目をご覧ください。

▼ 実際の施術動画(Instagramの2枚目・3枚目)
 https://www.instagram.com/p/CdXxbNfhvgp/

 

オンラインショップバナー

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

クリニックカレンダー

2022年 5月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3