新治療!切らない小鼻(鼻翼)縮小治療の症例解説

症例解説(外科)

小鼻が横に広がっていると、鼻の穴が大きく見え、男性的な印象になります。小鼻の付け根を一部取り除き鼻翼を小さくすることで、バランスの良い鼻にすることができます。傷痕も、小鼻の溝にそって切開するためほとんど目立ちません。

切らない鼻翼縮小(小鼻縮小)手術を受けられた方の症例解説です。
(症例写真へのご協力、誠にありがとうございます。)

症例について

30代女性。鼻の小鼻の横幅が大きいことを気にされており、切開する方法を含め検討されていました。鼻の高さ、長さ、鼻中隔の状態、人中の長さなど問題なかったため、できるだけバランスを崩さず、ダウンタイムの短い治療を行うこととなり、「切らない小鼻縮小治療」を受けていただきました。

症例写真

治療前、治療直後の状態

新治療!切らない小鼻(鼻翼)縮小治療の症例解説

正面から見た状態は、小鼻がかなり小さくなり、顔全体とのバランスも良くなりました。

新治療!切らない小鼻(鼻翼)縮小治療の症例解説

下から見た状態です。 鼻の横幅が狭くなっています。
ただ、鼻の穴の形はやや丸みを帯びた形になっています。私は、術前の形の方が美しいと思っていますので、この治療の欠点とも言えます。

新治療!切らない小鼻(鼻翼)縮小治療の症例解説

この治療は、後戻りが起きる治療ですので、強めに縮小しています。
治療中に、どれくらい狭くするか、患者さんに鏡を見てもらって確認しながら調整できますので、縮める幅に関しては調整できます。

治療概要、合併症について

治療概要

治療名
切らない鼻翼縮小
経過期間
治療直後
費用概算
198,000円(税込)
患者様属性(治療時)
30代 女性

合併症、副作用、リスク

  • 皮下出血(時々起こります。)
  • むくみ、腫脹(翌日にかけ、起こります。数日で引きます。)
  • 後戻り(数ヶ月かけて後戻りします。そのため強めに縮小します。)
  • 針穴、傷痕(糸を入れる傷が、小鼻の横に出来ます。次第に目立たなくなります。)
  • 鼻の穴の形の変形

この治療についてさらに詳しく

鼻翼縮小(切開)をご覧ください。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

▼ 詳しくはこちらをご覧ください。
鼻翼縮小

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

クリニックカレンダー

2022年 7月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3