エステとクリニックの脱毛には大きな違いがあります。

医療脱毛とエステ脱毛の違いは?

医療脱毛では『毛乳頭を破壊』させてムダ毛が再生しないようにします。破壊するには『高出力』で照射する必要があり、これができるのが医療脱毛です。

しかし、施術者が医師でも看護師でもないエステでは、破壊するレベルの高出力照射は法律上認められていません。できるのは低出力照射での一時的な制毛・減毛であり、いわゆる永久脱毛(毛乳頭・毛母細胞の損傷)はできません。

この『出力の差』が医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いと言えます。『出力の差』は『脱毛効果の差』でもあります。

また、エステでは「効果を出すために違法に出力を上げる」「未熟な施術者が照射する」などしてヤケド等の肌トラブルも跡を絶ちません。
医療脱毛に使用される機器は『いかに安全に、表皮を傷つけずに、効果的に毛乳頭を破壊するか』を追求したものです。万が一トラブルが起こった場合でも、医師がその場で対処できるメリットもあります。
正しい脱毛知識を持つ医師がいて副作用に迅速に対処できる医療脱毛で、トラブルを未然に回避しましょう。

医療脱毛のメリット

肌への負担が少ない

自己処理で毛を剃ったり抜いたりすると、肌にダメージを与えてしまいます。
それを続けると、色素沈着や肌トラブルにつながります。
医療脱毛で使う機器は、毛のみに反応し肌へのダメージを最小限に抑えるように設計されています。
当院で使用するソプラノは最新式の蓄熱式ダイオードレーザ脱毛器で、従来のレーザー機器よりもさらに肌への負担が少ない機種です。

少ない回数で脱毛できる

医療脱毛では『毛乳頭を破壊』させてムダ毛が再生しないようにします。破壊するには『高出力』で照射する必要があり、これができるのが医療脱毛です。
この『出力の差』が医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いと言えます。『出力の差』は『脱毛効果の差』でもあります。
エステでの低出力照射では毛はいずれ生えてきますし、効果を実感するためには結果的に長い期間エステへ通うことになります。
医療脱毛は、エステよりもはるかに少ない回数で脱毛が完了します。

痛みがほとんどなく、広範囲をスピーディに脱毛

当院が導入しているのソプラノの脱毛は、温かいマッサージを受けているような感覚で脱毛ができます。
従来の医療脱毛のような「バチンバチン」という刺激や痛みがありません。
痛みに弱い方にも安心して受けていただけます。

医療脱毛のデメリット

トラブルが起こらないように最善の注意を払いながら施術に当たりますが、万が一トラブルがあった場合も、適切に処置いたします。

1.アレルギー

脱毛数日後より、照射部位にかゆみを伴う毛穴に一致した赤みが出現します。
対処法は冷やす又は症状によって外用薬・内服薬を処方します。
(お薬代等は一切いただきません)

2.毛嚢炎(もうのうえん)

レーザーの照射によって、脱毛後まれにニキビのようなもの(毛嚢炎)ができることがあります。
汗や皮脂などをシャワー浴などで落とし、皮膚の清潔を保つようお願いします。

3.やけど

以下の肌質の方はやけどが起こる可能性が高くなりますので、スタッフにご相談ください。
当院では、やけどが起こりにくい機種を脱毛に使用しております。
・極端な日焼けをされている方

4.硬毛化

脱毛を受けている最中に太く濃くなっていく症状です。
当院では、硬毛化が起こりにくい機種を脱毛に使用しております。
万が一、硬毛化が起こった場合でも、脱毛完了まで責任を持って治療いたします。

TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

症例解説 外科

クリニックカレンダー

2022年 5月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

完全休診日(電話受付も不可)

福岡院で人気の施術 BEST3