ラピフォートワイプ(原発性腋窩多汗症治療剤)

ラピフォートワイプとは?

ラピフォートワイプ2.5%
ラピフォートワイプは、保険適用のワイプ式原発性腋窩多汗症治療剤です。
1回使い切りの為、簡便かつ衛生的に使用することができます。

ラピフォートワイプの有効成分(グリコピロニウムトシル酸塩水和物)が、神経からの汗をだす指令をブロックすることで過剰な脇汗を抑えます。

ラピフォートワイプの使用後のイメージ

 

治療継続で期待できること

ラピフォートワイプは、1日1回毎日の使用で、脇汗による日常生活の困りごとを減らすことが期待できます。

毎日の使用によって徐々に効果を感じられます。
効果を実感するためには、継続使用が大切です。

 

使用方法

1日1回、ワイプ1枚(1包)を両脇に1回塗布します。


(1)脇をタオルで拭く等、清潔で乾いた状態にしてください。使用する直前に、ラピフォートワイプを開封します。
 ※薬液飛散に注意し、目から離して開封してください。
 


(2)広げたワイプで脇を一拭きして、お薬を塗ります。同じワイプでもう片方の脇も同様にお薬を塗ります。
 ※ゴシゴシこすらないでください。
 ※傷や湿疹・皮膚炎等がある部位への使用は避けてください。
 ※汗ふきシートではありません。脇以外の部位への使用は避けてください。

 


(3)他の方(特にお子様)が誤って触れることがないように注意し、適切に廃棄してください。


(4)使用後は直ちに手を洗い、手についたお薬をきれいに洗い流してください。

 

ラピフォートワイプ使用の注意点

  • ・お薬に触れた手で目を触らないでください。
  • ・お薬が目に入った場合、光をまぶしく感じる、目がかすむ、刺激を感じる等の症状があらわれることがあるので、目に入らないよう注意してください。
  • ・万が一、目に入った場合は、すぐに水でよく洗い流してください。
  • ・お薬を塗った部位をラップフィルム等で密封しないでください。
  • ・お子様の手の届かないところに保管してください。
  • ・お子様が使用する場合には、保護者の指導のもとに使用してください。

 

副作用

使用後、お薬を塗った部位に限らず、以下のような症状があらわれることがあります。
このような症状があらわれた場合、またはその他にも気になる症状やいつもと体調が違うと感じる時は、すぐに医師または薬剤師にご相談ください。

・口の渇き
・接触皮膚炎(かぶれ)
・光をまぶしく感じる、目がかすむ
・尿が出来にくい、尿の勢いが弱い、尿が近い
・体温調節の異常(汗が出ない、体温が異常に上がる、熱中症を疑う症状等)

 

使用時の注意点

・以前にお薬を使用して、アレルギー症状が出たことがある方
・緑内障のある方
・前立腺肥大症のある方
・脇に傷や湿疹・皮膚炎等のある方
・妊娠または妊娠している可能性のある方、授乳中の方