ADM診断基準

しみ・くすみ

比較的若い年齢から両側対称性に出現するくっきりとした灰色〜褐色のシミ。
それはADM(後天性メラノサイトーシス)かもしれません!

ADM診断基準
✔️13歳以上(多くは20歳以上)に初発する顔面色素斑。多くは両側対称性だが、片側性の部分があってもかまわない
✔️色調は灰色〜灰褐色〜褐色〜濃褐色
✔️病理組織学的に真皮メラノサイトを認める
✔️病状の経時的変動が少ない

🍀参考書籍🍀
シミの治療 葛西健一郎

ADMは真皮に存在するので、光治療やゼオスキンヘルスでは改善できず、Qスイッチルビーレーザーやピコレーザーで治療します😊

20代女性
ADM 532nmピコレーザー1回治療後
料金:50ショット55000円

ADM治療は炎症後色素沈着が強く長くでる可能性があります。

▼ 詳しくはこちらをご覧ください。
Qスイッチルビーレーザー

SEIKO MEDICAL ONLINE SHOP

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

クリニックカレンダー

2022年 5月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3