日本アンチエイジング外科学会で座長の仕事など

ドクターブログ 学会・セミナー情報

日本アンチエイジング外科学会で座長の仕事など

日本アンチエイジング外科学会主催の、第12回JAAS東京ライブフォーラムに参加してきました。

日本アンチエイジング外科学会で座長の仕事など

今回は、ライブサージェリーの座長の仕事です。
東京皮膚科・形成外科の池田先生の「マグネシウム水素スレッド併用のミニリフト術」のライブサージェリーが行われ、会場から治療の質問をしたり、コメントを述べたりする仕事です。

日本アンチエイジング外科学会で座長の仕事など

皮膚の一部に切開を行い、皮膚切除とマグネシウム水素スレッドという特殊な糸を挿入して、たるみを引き上げる新しい方法です。

たるみの外科治療には、皮膚を切除するフェイスリフト、糸を挿入するスレッドリフト(糸リフト)など様々な方法があります。
美容業界では、糸リフトや外科治療以外のハイフなどが一時期流行っていましたが、皮膚を切除するフェイスリフトも組み合わせると効果が高まります。

今回のライブサージェリーは、皮膚のほんの一部を切除して、たるみ治療の効果を高めるという方法でした。

私の単独のライブサージェリーは来月です。(日程が9月→12月に延期になりました。)

日本アンチエイジング外科学会で座長の仕事など

こちらに関してはまたセミナー後に報告します。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

Translate:

クリニックカレンダー

2021年 11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3

Translate »