【上まぶたのたるみ】眉下切開の傷痕の長期経過について

症例解説(外科) 二重 しわ・たるみ

皮膚がたるんで上まぶたが余っている状態の場合に、眉の下のラインで余分な皮膚を切除し、たるみを引き上げる施術です。 余分な皮膚や脂肪を切除して縫い合わせることで、若々しい目になります。 たるみが改善するだけでなく、二重のラインの上の皮膚の厚みを軽減することができます。ダウンタイムが比較的長い治療ですので、長期のお休みがとれる時におすすめします。

上まぶたのたるみの際に行う「眉下切開」の傷痕についてです。

症例について

60代女性。上まぶたのたるみを気にされ、二重治療をまず行い、その後眉下切開を行われた方です。

症例写真

治療前、二重治療後、眉下切開治療後

【上まぶたのたるみ】眉下切開の傷痕の長期経過について

治療前は、皮膚がまつ毛に乗っかっていましたが、「二重治療」により二重瞼になることで改善しています。

また、「眉下切開」を行うことで、より上まぶたのたるみが改善し、二重の幅も広くなり、眉毛の位置が下がり、全体的に若々しく見えます。

ノーマル 二重術 眉下切開

傷痕の経過

ノーマル 二重術 眉下切開

治療後12日後、治療後3年後、治療後5年後の傷痕の変化です。傷跡はほとんどわからなくなっており、また傷周囲の眉毛の脱毛はありません。

上眼瞼のたるみ治療について

  • 現在、上眼瞼のたるみに対しては以下の治療を行っています。
  • たるみの程度が軽い方は、皮膚を切らずに行う「二重治療」もしくは「プラズマリフト」で改善できます。
  • 切開法の二重による上まぶたのたるみ取りは分厚い皮膚が二重のラインの上に残るため、お勧めしていません。
  • 皮膚のたるみが強い場合は、眉毛の下の分厚い皮膚を切除することで、たるみが大幅に改善し、自然な目元になります。
  • 眉下切開は、細かく丁寧に治療を行いますので、傷痕が目立ちにくく、眉毛の脱毛が起きにくいです。

治療概要

治療名
初回:ノーマル 二重術 3点留め
2回目:眉下切開
費用概算
ノーマル 二重術 83,600円(税込)
眉下切開 308,000円(税込)
患者様属性(治療時)
60代 女性
リスク・副作用
内出血、腫れ、ゴロゴロした違和感、瞼の突っ張り、左右差、傷跡、眼瞼痙攣、眉毛の脱毛、上瞼の目頭側の皮膚の引きつれ

眉下切開の合併症について

合併症、副作用、リスク(カッコ内は私の経験)

  • 内出血(軽度の内出血は必ず起こってしまいます。)
  • 左右差(生じないように注意しています。)
  • 腫脹(瞼に数日起こります。)
  • 眉毛の脱毛(生じないように注意しています。)
  • 傷痕が目立つ場合がある(目立たないよう丁寧に行なっています。)
  • 上瞼の目頭側の皮膚の引きつれ(一時的に生じることがあります。)

この治療についてさらに詳しく

ノーマル 二重術をご覧ください。

眉下切開をご覧ください。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

▼ 詳しくはこちらをご覧ください。
ノーマル 二重術

▼ 詳しくはこちらをご覧ください。
眉下切開

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

Translate:

クリニックカレンダー

2021年 8月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3

Translate »