眼瞼下垂の症例解説

症例解説(外科)

瞼の裏側1~2箇所を細いナイロン糸で留め、眼瞼下垂を修正する方法です。縫合部位の一部分を1~2mmほど切開し、糸で筋肉を留めます。 切開部分は小さいため縫合の必要はありません。また、表面に糸が出ず、傷痕が残る心配もありません。 二重形成と一緒にされる方が多く、二重手技によりますが瞼表面で埋没します。糸は細いため目立たず傷跡も目立ちません。

眼瞼下垂症の患者様です。
眼瞼下垂症に加えて、瞼のたるみが強いため、眉下からの皮膚切除も必要な状態ですが、切開せずに眼瞼下垂を治療することを希望されました。

症例写真

二重の作成はせず、裏側だけで治療を行っていますので、皮膚の表には傷などありません。

眼瞼下垂修正法

直後から、しっかりと瞼が開き、眉毛の高さが落ちています。
眼瞼下垂であれば、瞼を一生懸命挙げようと眉毛を無意識に挙げてしまいますが、改善しています。
瞼のたるみと麻酔による腫れがありますので、まぶたが分厚く感じられますが、麻酔の腫れは引きますので、今後少しずつ良くなっていきます。

治療直後から患者様は大変満足されてくださり、症例写真へもご協力いただきました。
ありがとうございました。

眼瞼下垂は治療前の診察、治療の手技が非常に重要で、切る方法、切らない方法は状態によって使い分けています。
明らかな眼瞼下垂ではなく黒目を大きく見せたい方にも同様の治療で改善可能です。
鹿児島院、福岡院どちらでも治療可能です。

治療概要、合併症など

患者様属性(治療時)
60代男性
治療名
切らない下垂修正
費用概算
250,000円(税抜)
リスク・副作用
目元のゴロゴロ感、目やに、内出血、左右差、腫脹、眼瞼痙攣、つっぱり感

この治療についてさらに詳しく

眼瞼下垂修正法をご覧ください。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

▼ 詳しくはこちらをご覧ください。
眼瞼下垂修正法

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

Translate:

クリニックカレンダー

2021年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3

Translate »