シリコンバッグ(Motiva)による豊胸症例解説

症例解説(外科) 豊胸

シリコンバッグ豊胸術

シリコンバッグ豊胸術は鹿児島院で行っています。

シリコンバッグ豊胸の症例です。
(症例写真へのご協力誠にありがとうございます。)

症例写真

大きさをしっかり出しつつ、不自然な形にならないように入念に患者様と打ち合わせの上、シリコンバッグは「motiva エルゴノミックス205cc」を選択し、全身麻酔下で乳腺下に左右共挿入しました。

挿入部位は腋窩からです。

シリコンバッグ豊胸術

痛みは横になった時に軽度ある程度で、固定テープの赤みがありますが、内出血や腫れはほとんどありませんでした。

治療のポイント

左右の乳頭や乳腺の高さの差がもともとありましたが、治療によって少し改善しています。

治療中の出血が少なくなるような工夫をしています。実際血管を傷つけることはほぼ無く、術中の出血はほとんどありませんでした。ドレーンを入れることも不要でした。豊胸術において出血は、治療後の血腫、感染、被膜拘縮、変形と繋がる原因になります。そう言った意味で、今後の経過も心配要らない結果になりそうです。

治療概要、合併症について

治療名
シリコンバッグ豊胸術 205cc
患者様属性(治療時)
30代 女性
費用概算
700,000円(税抜)
リスク・副作用
痛み、内出血、血腫、被膜拘縮、感染、変形、知覚障害、左右差、バッグ破損

この治療についてさらに詳しく

シリコンバッグ豊胸術をご覧ください。

シリコンバッグ豊胸術は鹿児島院で行っています。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

▼ 詳しくはこちらをご覧ください。(鹿児島院ウェブサイト)
シリコンバッグ豊胸術

関連記事

症例解説 外科 TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

Translate:

クリニックカレンダー

2021年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

完全休診日(電話受付も不可)

新着情報

福岡院で人気の施術 BEST3

Translate »